専門学校、資格の検索といえばインフォスクール2

専門学校の検索-インフォスクール2
トップページへ戻る | 現在の登録専門学校数:305校

特集・フラワーアレンジメント
特集・フラワーアレンジメント

オシャレなOL、主婦の間で超人気のフラワーアレンジメント。ステータスが1ランクアップすること間違いなしの技術です。芸術品を作り出すという喜びが得られるのも大きな特徴でしょう。そして何より、心が洗われます。張りのない生活が、一転して花のある生活に変わります。素敵な作品ができたら友人にプレゼントしたり、写真に撮って、ホームページに載せるのもいいですね。

フラワーな種類
フラワーな種類

アレンジメントの対象となる花には、主に三つの種類があります。生花、ドライフラワー、プリザーブドフラワーの三つです。生花はその名の通り生のままの花です。ドライフラワーには、ナチュラルドライフラワーとシリカゲルドライフラワーがあり、ナチュラルフラワーは自然な状態で乾燥させたもの。シリカゲルドライフラワーは乾燥剤を使用したものです。プリザーブドフラワーは、植物の樹液を保存液に置き換えたもの。生き生きした状態で、2〜3年も保存できてしまいます。

フラワーな種類
フラワーな資格
日本の公益法人の資格として、フラワーデザイナー資格検定試験(NFD)が有名です。文化的な教養として、フラワーデザイン技術の習熟度を審査するものです。その他、オランダが実施している資格に、ディプロマ・オブ・ダッチフラワーアレンジメントがあります。国際的な評価も高く、日本での取得が可能です。花屋さんや、装飾に携わる仕事に目指している方には、フラワー装飾技能検定が役立ちます。
ぜひ、必要なもの
まず、花が好きなこと。花に愛情を持って接していけるかが、大事です。教室でレッスンを受ける場合の受講料は、花材費込みで1レッスン5,000円程度から。体験会への参加にも花材費だけは必要であったりします。実際に作業に必要なものというと、花を挿すための器、花を留めるためのオアシス(吸水性スポンジ)など、ハサミ、そして花材です。
花言葉とアレンジメント
花言葉とアレンジメント

花をプレゼントとして贈るとき、花言葉を重視される方は多いと思います。花言葉は、伝説、宗教、言い伝えなど、いろいろな過程で生まれてきた言葉です。同じ種類の花、例えばバラであっても、赤いバラが「愛情」で、黄色いバラが「別れ」といった風に、色によって全然違う意味となってしまう場合もあります。あなたの気持ちを込めたメッセージカードを添えれば、変な誤解も起きなくていいかもしれませんね。

花言葉とアレンジメント